温泉小屋 外観
 
温泉浴室
 
湿原を一望できる食堂
 
別館ロビーラウンジ
 
別館ロビーラウンジ
 
本館エントランス
 
赤田代湿原
 
赤田代に面して立つ温泉小屋
 

尾瀬ヶ原の北側、赤田代にひっそりと建つ温泉小屋は、新築の本館と山小屋風の別館からなり、外のベンチからは尾瀬ヶ原と至仏山を望めます。 三条ノ滝、裏ひうち林道の入り口にあり尾瀬登山の基地として親しまれています。 赤田代という地名が示すとおり、敷地内からは鉄分を含んだ赤っぽい20度の冷泉が沸いています。 その源泉100%を循環なしで加熱給湯しています。 山の湯浴みをお楽しみ下さい。

 
当施設は山小屋です。 大変不便な立地にある、登山客の為の簡易宿舎です。 電気は自家発電です。 物資は全てヘリコプターなどで運びます。 一般の旅館・宿泊施設とは異なりますので、予めご理解下さいますようお願い申し上げます。
 
山の天候は変わりやすいので、雨具は一番の必需品です。 上下レインウェア、ザックカバー、 トレッキングシューズ、着替え、歯ブラシ、歯磨き、 タオル、簡単な食料などをご用意下さい。

春・夏期   5月末〜8月末
秋期     9月中〜10月末

寝具類と清潔な新しいシーツと小タオルをご用意しております。 歯ブラシセットはご持参ください。 毛布はありますが、寒い方は館内着や寝巻きにフリース上下などをご用意ください。
 
本館12室            別館15室
別館横に豊富に湧く赤い源泉を利用しています。 20℃の源泉100%を加熱投入、毎日湯払い清掃、循環はしていません。

尚、尾瀬の山小屋では浴室での洗髪・シャンプーの使用は、環境保護のためご遠慮いただいております。
清潔にご利用いただけるように、上がり湯の為のシャワーが付いております。 


温泉の効用に関し
男女各1
入浴時間: 午後3時頃から午後7時頃まで。
(すいている日は男女時間交代の場合もあります。)
幕の内定食:天ぷら、山菜、サーモンのカルパッチョ、自家製ローストビーフ、煮魚など(季節により替わります。)
夕食:午後5〜6時
朝食:午前6時半(繁忙期は6時から)〜7時
朝食はのり・たまご・シャケ他
料理の一例
お食事場所:
お食事場所は朝食、夕食ともに別館一階の食堂となっております。 食堂は湿原に面しており、夕食時には夕焼けに染まる至仏山を、そして朝食時には朝もやにしっとりと濡れた尾瀬ヶ原を見ながらお食事を楽しんでいただけます。 
売店、ロビーラウンジ、トイレ(シャワートイレ15台、和式8台完備)。
健康増進法の施行により、又、防火上の理由から、館内は全て禁煙になっております

御池・七入パーキングは駐車料金1000円。 宿泊者には無料コインを差し上げます。

967-0531 福島県南会津郡桧枝岐村燧ヶ岳
090-8921-8329(現地山小屋電話)

チェックイン  13:30〜
チェックアウト 08:00
【16:00頃までにご到着をお願いします】

尾瀬は木道があり手軽なハイキングに思われがちですが、あくまで登山であり、自分の身は自分で守ることが原則です。 充分な下調べと、装備と、無理のない計画を立ててお出かけ下さい。
温泉小屋ホームページのトップへ